北国街道 安藤家

b0037658_14285620.jpg

                                北国街道側からみた安藤家の庭園

安藤家の祖は藤原姓を名乗り、室町時代に長浜に住み始めたと伝わっています。当地での3代目祐正は、賤ヶ岳合戦(1583年、織田信長亡き後の羽柴秀吉と柴田勝家の戦い)で秀吉方の電撃作戦に協力しました。
 長浜城主の秀吉は町衆の中から「十人衆」を選び長浜の自治を委ねましたが、安藤家は代々九郎右衛門を名乗り、十人衆から選ばれる三年寄の一家として江戸期を通じて活躍しました。明治時代以降の安藤家は、近江商人との姻戚関係から自らも商人として東北地方を商圏に長浜の産物の交流につとめています。14代目にあたる現当主安藤権一氏(鎌倉市在住)も近年まで百貨店経営に携わっていました。
 明治38年(1905年)に建てられたこの住居は、紅殻格子(べんがらごうし)、虫籠窓(むしこまど)などが施された長浜を代表する近代和風建築です。北大路魯山人により彩られた離れの"小蘭亭"や、"古翠園"と名付けられた庭園とともに長浜の貴重な歴史遺産となっています。










b0037658_14432376.jpg

                                安藤家の廊下から格子越しに北国街道を臨む







b0037658_14302877.jpg











b0037658_14304522.jpg









b0037658_14373091.jpg













b0037658_14311615.jpg










b0037658_1431311.jpg

                               北大路魯山人作の当家の看板










b0037658_14315598.jpg

                                 同じく衝立










b0037658_14321395.jpg

                                 当家の離 小蘭亭









b0037658_14323191.jpg

                                  小蘭亭への渡り廊下










b0037658_14324911.jpg

by dobonjyo | 2007-03-24 14:38 | 旅行
<< 長浜市元浜町北国街道界隈 長浜別院 大通寺 >>